HOME>特集>単に本体を取り付けるだけでなく、設置や増設が必要な場合もあります

目次

必要な工程

エアコン工事の費用は事業者によって差はありますが、平均では10,000~15,000円ほどです。ただし、家の構造によっては追加料金の発生もありえます。事業者と話し合ってください。エアコンの取り付けには室外機の設置も必要です。置き場所がいくつかありますが、壁や屋根の上など難しい場所では追加料金がかかることが多いです。相場は数千円、高いと2万円ほどかかります。エアコン本体と室外機をつなぐ配管の長さが4m以上になっても必要です。設置場所に古いエアコンがあれば取り外しの費用も発生します。かかる費用は5000~10,000円ほどです。古いエアコンを引き取ってもらうならリサイクル料金もかかります。業者によっては取り付けと取り外し工事がセットのプランもあるので活用してみましょう。

エアコンにはコンセントが必要です。

通常のコンセントではなく電圧が高めの専用コンセントとなります。専用のコンセントがないと回路の増設費用がかかります。15,000~30,000円ほどは見積もっておきましょう。配管や配線がきれいに収まるようにスリーブや架台の追加パーツなども確認してください。これらのパーツが含まれていれば最終的な料金がさらに上がることもあります。エアコン工事の見積もりの際にオプション料金をしっかり確認しましょう。

安くする方法はある

オプションを含めるとエアコン工事はそれなりに費用がかかります。もし安く済ませたいなら中小規模のエアコン工事の業者を選ぶと良いでしょう。量販店よりもお手頃な料金でやってくれる業者も多いです。また、万が一エアコンが故障した時の保証が付くケースもあります。ネット上で実績・口コミなどを確認しながら複数の事業者を比較して選びましょう。

広告募集中